×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






気づかれないように必死に隠してきたけど、もう無理かも
頼むから俺のことに気づいて。すこしでいいから俺のこと、見て




小さくて透き通る声、前髪がぱっつんのそいつ。 沙耶のことを「よんさま」なんてふざけたあだなで呼んでいる、そいつが みよ子だった。 俺のこと「つーくん」って呼ぶその声が、俺を見上げるその仕草が、 かわいくて。恋に落ちるまではあっという間だった。 それからイチとの4人でつるんだりするうちに、みよ子がイチの事好きになっていくのが もう、手に取るようにわかった。 めっちゃ顔にでやすい。視線の先を追えばいつだってイチがいる。 「みよ子イチのこと好きだべ」ってからかうとむきになって「そんなことない」なんて言うから、 俺の気持ちは、暗い引き出しに丁寧につつんでしまった。 臭いものに蓋をする、じゃないけど。そうすれば苦しくないなんて。つまり俺は逃げたわけです。


右手で髪をくしゃくしゃにしたり、冗談で抱きしめてやったり、 適当にほどよい「友達」でいたつもりだったのに。 イチのことを想って泣くみよ子の姿が、いたくて、その矢印が俺んとこ向かないかなって いつからか願ってしまうんだよ。片思いがこんなにつらいなんて思ってなかった。


せめてイチととっととくっついてくれたなら、俺だって忘れられたかもしれないさ。 むぎちゃんが悪いのか?イチか、みよ子か、沙耶か…おれか? みんなして中途半端で、地団駄ばっかして、前に進めてない。腹立つ。 もうそろそろ、隠してるのにも限界だ。きっと沙耶あたりは気づいてる。 みよ子が、もっと計算高くて、あんな仕草とかも全部偽物で、そうしたら嫌いになれたかもしれないのに。 …ってそんなみよ子だったら最初から好きになんかなってないか。


誰か俺のかわりに、未来とか運命変えてくれないかな。 そんなこと真剣に悩んだって、ああ、きっと変わらないな。