×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






あなたがいるなら、それでよかった
あたしはそれだけで幸せ、だったんだよ。知ってた?




いつのまにか眠っていたあたしは、夢をみていた。 最初にむぎちゃんがでてきてあたしを嘲笑ってた。 あたしのなかでむぎちゃんの印象は勝手に悪くなる一方だ、ごめんね、むぎちゃん(そんなことちっとも、知らないだろうけど。) 次につーくんが卵焼きを作ってた。 突拍子もないけど、夢ってそんな感じだよね。 つーくんの作る卵焼きはへたくそで、 塩と砂糖だけを入れたはずなのに苦くて「美味しくないよ、つーくん」 と言うとすごくびっくりした顔であたしをみた。 つーくんも食べてみると「普通にうまいよ、ひどいなあみーちゃんは」 と言われいつの間にか居たつーくんのお姉さんと妹の百合ちゃん、 いっちゃんとよんさままでもがあたしをひどい人だとか、最低の女だとせめた。よってたかって。 なんだかそれが冷や汗ものの悪夢で(思い出してみるとたいしたことじゃないんだけど)目が覚めてしまった。


隣にいたはずのよんさまはいなくて、 かわりにいっちゃんとつーくんからメールがきてた。 いっちゃんからは「俺これから前に進もうと思います!報告でした!」にこちゃんまーく (いっちゃん命名)がたくさんついててちょっと笑えた。つーくんのは「明後日暇?」との要件と漢字のみだ。さすが。 暇だよとにこちゃんまーくをつけて返信した。 いっちゃんにはなんて返せばいいんだ、 と考えているうちにまた眠気が襲ってくる。 よんさまはトイレだろうか。 とりあえずなんだか寂しいのではやく戻ってきてほしい。


ああ あたしはまた夢の中にいく。 右手にケータイを握ったまま、遠くでなにか音がしてるけど。 もうむりです。今度は幸せな夢が、みたいよ。