×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






これが望んだ未来なのだとしたなら
あたしはもっと喜ぶべきなのだろうけど、答えがわからない




間違いなく、見てはいけないものをみてしまった。 こんな道、初めて来たからって通らなきゃよかった。 いっちゃんはまだ、あたしに気づいてない。どうしよう、とにかくよんさまに電話しよう。


プルルル、と4回聞こえたあとに、「もしもし、」とよんさまがでた。 「もしもし、みよ子だけどね」「知ってる」「どうしよう…」「何が?え、どしたの?」 「いっちゃんが、むぎちゃんに殴られてた」「え?ちょっ、今どこ?」 そのよんさまの声と同じ時に、「あ、見てたんだ」と後ろから声がした。いっちゃんだ。 振り向くと左のほっぺを真っ赤にしてた。「よんさま?」 ケータイを指さしながらいっちゃんが、そう聞いた。「うん」 「貸して?」にこにこ笑いながら。あたしが黙って差し出すと、「もしもーし」 いっちゃんの声はすごく明るい。「うん、」「そうじゃなくて」あたしからはいっちゃんの声しか聞こえないので どんな会話なのかさっぱりだ。「切ってもいい?」とあたしに目で訴えたので、小さく うなずいた。 「ごめんねー、心配かけて」「なんかストーカーみたいな事してごめんね」 「え?ストーカーだったの、みーちゃん!?」 「見ちゃったのはたまたまだよ!」「なら、大丈夫だよ」それで、といっちゃんは続けて 「どこから見てた?」苦笑いだ。「大きい声が聞こえて、どうしたんだろう、って思ったら」 「俺が殴られてたと」「…うん」「あはは、恥ずかしー!」 「ほっぺ、大丈夫なの?」「ん?…ああ、平気」「どうしてそうなったのか、聞いてもいい?」 「そんな風に聞かれると答えるしかなくなるじゃんー」「え、ごめん」 重たいはずの口を、簡単にひらく、いっちゃん。「むぎがねー、他の男と一緒だった。」 「、」言葉が出ない。「そいつ誰?って聞いたら、むぎ 黙っちゃって。いくらでも弁解できたのにね、バカだよなー」「うん、」「隣の男も俺のこと誰だよって、俺のこと指さして。なんかもうどうでもよくなっちゃったな。」 「どうして、いっちゃんは殴られちゃったの?」 「へー、やっぱりそうだったんだ、って俺が言ったら、向こう、かあっとなっちゃったみたいで。バカにすんのもいい加減にしてよ!って怒鳴られて」「殴られちゃった…んだ」 「そゆこと。」なんか、のど乾いたな。いっちゃんはそう言って立ち上がった。「自動販売機、いかない?」 「うん、いくけど。」「けど?」「ほっぺ大丈夫なの?」「平気だって」「いっちゃんのお父さんたちにはなんて説明するの?」「転んだって」「…無茶じゃない?」「やっぱり?」


日が、沈みはじめる。太陽はよけい赤くなる。公園のブランコにふたりならんで座って。 さびた音だけが聞こえた。「さっき、」あたしが口を開いた。「よんさまと何話してたの?」 「殴られたってどういうこと?」いっちゃんがよんさまの声真似をする。全然にてなくて、笑えた。 「あとは、あとで説明してよ、って言われた。」「ふふふ、さすがだね。よんさま」 「そろそろ暗くなっちゃうね。帰ろうか。」うんとうなずいて、ゆっくり後ろを歩く。 影が重なると、あたしは意味もなくどきどきしてしまった。