×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






誰も傷つかない答えはないのか。
簡単だ。みんないっぺんに諦めてしまえばいい。




…新婚旅行?ハニーったらお茶目だな、まったく。 相も変わらずなイチのメールに不覚にも笑ってしまった。 メールが届いたのは13時とちょっとすぎ。全然気づかなかった。 もう4時間もすぎてる。さすがに返事を返さないのも申し訳ないので、 返信のボタンを押すと、ジャストなタイミングでメールが来た。 イチだ。あまりにも遅すぎる返事に催促のメールだろうか。 「とうとうわかれることになった。まだだけどまちがいなくけってい」 変換してくれ。読みづらくてしょうがない。別れるってむぎちゃんと? ……俺的にはそうとうやばいんじゃないの?この運命ってやつ。うわ。 とりあえずは何があったか聞いてみなきゃわかんないし。落ち着け、おれ。


向こうからイチの声「待ったー?」「まった、さむい」「うはは、ごめん」 腫れている左の頬。(殴られたんだろうな。)「それ、」とイチの頬を指さして。 「ああ、殴られた、むぎに」「すげえな、むぎちゃん」「鞄で。」 「なんだ、素手でいったのかと思った」「いやあ、それでもきっとすごい破壊力」 「…後悔、してないの?」「まったく、といえば嘘だけど。もう殴るような子とはきっと付き合えないなー」 「まだ別れてはいないんだろ?」「うん。けど、ここまできたらもう連絡もしないっしょ」「そっか」 「あーあ」イチが見上げた空を、俺も仰いでみる。「…癒されたい」ぼそっとつぶやくイチ少年。 「新婚旅行、行くんだろ?」「そうだった。癒される暇なんかないー」「そゆこと。」 「どこつれてってくれんの?」「どこ行きたいの?」「うみ!」「言うと思った。」 「あはは」「いつもの電車のって海、行く?」「あ、けどそれは2人きりでいこう。」 「え、2人で行くんじゃねえの?」「いやー、みーちゃんに言っちゃってさ。4人で遊びに行こうって」 「…したらお前考えろや」「ダーリンったらつめたい!」「ははーん。あめとムチ!」 なんだそれ、とひたすら笑われた。とりあえず、元気だけはあるみたいだな。空元気。


家に帰ると沙耶からメールだ。「聞いた?別れたんだって。ツトムは、どうするの?」 俺が聞きたい。どうするんだ、俺(って、某コマーシャルみたいだ)