×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






彼が起こした風は、ひどく冷たい気がした。
荒らすだけ荒らして、あたしたちの心に傷だけ残して。




返事がこない。きっとツトムにとっても、まだ答えなんてないんだろうな。そう思った。 かわりに、みーちゃんからメールがきた。「旅行、どこ行きたい?」…行くの? 「どこでもいいかな。みんなで、ゆっくりしたいね。」 いっちゃんとむぎちゃんは結局別れちゃうのかな? 心のどこかでは、ずっとこのままな気がしてた。なんとなく、だけど。 変わらない、未来。むぎちゃんといっちゃんが、ぐだぐだなまま付き合って、相変わらず片思いな、 みーちゃん、ツトム、それからあたし。そうか、世界はやっぱり動いてるんだ。 変わらないものなんてないなら、変えてしまえばいい。…本当にそれでいい? 自分に聞いてみる。うん、多分、いいかな。あたしは、みーちゃんにはなれない。それだけの話。


ピンポーンと、チャイムを鳴らす。いくら近いとはいえ、寒い。 「はい、」ツトムの声だ。「四津谷、ですけ ど」「今あける」 しばらくするとツトムが出てきた。慣れたはずの緊張。ふう、落ち着こう、あたし。 「どした?」「この前、お鍋いただいたから、」「え、いいのに」「まあ、気にしないで」 「ん。わかった。」わたすと、「いいにおい」とツトムは笑った。ばか。 「うちのお母さんいわく、力作、らしいよ。」「ありがとつっといて。」 「うん、言っとく。」「聞いた?」「なにを?」「旅行の話」「ああ、なんとなく。みーちゃんから」 「どっか行きたいとこないの?」「…んー、ゆっくりしたいね、ってみーちゃんにも言ったよ」 「そっか」「ツトムは?」「へ?」「どこ行きたいの?」「全然決まってない」「あはは」 「…入ってく?」気を、つかってるんだろうか。 「ううん、帰ってやんなきゃなんないこと、あるし。」「そっか」「うん。それじゃあ、ね」 「おうよ。」角を曲がって見えなくなると、ツトムは家に入ったんだろう。 あたしはこっそりその後ろ姿をみた。ふう。帰ろう。おうちに帰ろう。


家につくと「ちゃんと渡してきたー?」とお母さんに聞かれた。 「ありがとつっといて、って言われた。」「力作、だって言っといた?」 「言ったよ。いいにおい、ってツトムも言ってた」満足げに笑って「そう」 お母さんはまた、テレビに視線を戻した。


いつか変わってしまうのならば、変えられないのなら、素敵な未来へ変わるように祈っておく。 誰が傷ついたとしても、せめてすてきな未来へ。 あたしは、あなたが笑ってくれるのなら。