×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






例え世界で一番のラッキーがきたとしても
それで君がアンラッキーになるなら、いらないと思う




「そういえば、この間の明後日暇?っていうメール、流れちゃったね」 みよ子の家から帰って何分後かにメールが入ってた。 そういえばそんなメール送ったな。忘れてた。イチが色々あったりするからいけないんだ。 …人のせいにしてどうなる、みたいな。 「ごめん。俺も忘れてた。まあ、またケーキ持って遊びに行くわ」 ケーキの絵文字を件名にしてみた。はは、キャラじゃないな。


明日はみよ子のいない旅行だ。物足りなく感じる、かな。 まだ寒い海でバカなことして晴らしたい憂さがいっぱいある。 あーもー、なんで俺は女に囲まれた家族のもとに生まれてきたんだ! 毎日まいにち、みよ子と沙耶のどっちが好きなのか聞いてくるのはやめてくれ…! かーちゃんまでその会話に入ろうとしてるもんだから、とうちゃん ひとりぼっちじゃねーか。 (そのうち とうちゃんまで「とーちゃんはみよ子ちゃんがタイプだぞ」とか言い出したら…死ぬな、俺)


「よ、」「おう」イチが寝癖のまま俺に挨拶。遊びにこいと誘ったのはイチだよな? 「つーくんっ」後ろにハートマークが乱舞している「いーちくんっ」俺も負けてはられない。 「明日どこ行くんだっけ?」「は?海に行きたいって言ってたよな?」 「あー、そうだっけ。遠いの?」「まあ、それなりには、な」「日帰りだっけ?」 「(寝ぼけてんのか?)そうだけど」「俺ら、青春だね」「そーだな」 「つーくん、」「ん?」「…いいや、なんでもない。」 顔洗ってくる、とだけ言い残してイチは部屋から去っていった。 それからイチの弟くんが開けっ放しのドアの前を通って「久しぶりーっす!」 女の子を隣に連れて、過ぎていった。くそ、うらやましい。 戻ってきてからイチにそれを言うと「青春なんだろ」と、さっき「青春だね」と言ったのが まるで俺みたいな言い方をした。なんだこいつ。 「……」「…イチ?」「つーくんさ」「んだよ、さっきから」 「みーちゃんが好きなんだっけ?」「…おう」「じゃあ、よんさまは?」 「は?友達、くされ縁、近所、親が仲良し…だけど?」「そっか」「沙耶がどうした?」「なんでもない」 つーくんもまだまだレアだね、そう意味深にイチはつぶやいて一緒にパンをかじった。


俺はこれからのことなんて思いもせずに、メロンパンをかじっていた。 もし、もしもそのときシナモンロールだったら…、なんて。 自分がシナモン苦手ってことすらも忘れて、意味のない想像をしていた