×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






流れた星は、どこにいくんだっけ?
なんとなく、今は願う気分にはなれないんだ。




ツトムが持ってきた、去年の残りモノだというしけた花火を、海の近くの公園ですることになった。 警察さんにお世話にならないように音はしない感じの、手持ち花火と線香花火。 普通の花火はあっという間に終わったくせに、線香花火だけがやたらと多いから、花火開始4分後で線香花火だ。 さっきまで馬鹿笑いしてたのとは雰囲気全然違うんですけど。 「あたしね?」「うん、」よんさまが口を開いて、ツトムが頷いた。 けれど結局よんさまは「やっぱりいいや」そう言って、続きは聞けなかった。 しん、と静まりかえる。線香花火。いつもなら、誰が一番長く続くかで競ってたはずなのに。 遊び疲れた?一人足りないから?…それと、プラスアルファ、かな。 よんさまの視線にツトムがいた。よんさまは幸せそうで、すげー苦しそうな顔、をしているように見えた。 考えてる事はわからないけれど、言ってしまえば変わる?どうだろ。


「よんさま」「んー?」「俺とつきあわね?」少し驚いた顔した後に、「いーよ」さっきと同じに笑ってた。 「俺も仲間にいれろや、寂しいじゃんか」「ハニー、ごめんよ。本気なんだ」 「ダーリン、そうだったの?ハニーをおいてくの?」「ごめん、これは冗談。よんさまには本気。よんさまは?」 「あたしも本気」「…冗談に聞こえなくなってきたんだけど」「冗談じゃないって」 「は?またまた、そんな事言っちゃって。沙耶も何言ってんの?」 「何って…?」「お前みよ子の気持ち知ってんだろ?嘘でもだめだろ」 「んー、まあね」「まあねってなんだよ」静かに怒りが言葉の中に混じり始めるツトム。 「あたしにだって好きな人と付き合う権利くらいあるでしょう?」困ったように笑うよんさま。 「それは、みよ子の一番近くにいたやつが言う台詞じゃねーって。」 「そこまで言う、ツトムは何なの?」「は?」 「そそ、俺らは俺らだよ。」「そうじゃねえだろ、」 続きを言おうとしていたツトムを遮って、口を開いたよんさま。 「じゃあ、」息をすいなおして、「ツトムは、考えたことある?」 「なにを?」「ほらね。何にもわかってない。」よんさまの零した涙に、 ツトムは心に黒いクエスチョンマークを浮かべて、何も言えなくなっていた。 「ツトム、俺ら最終で帰るわ。明後日学校でな」 無言の返事を背中にして、よんさまの右手を引いて、朝に歩いた道をもう一度たどった。


最終の電車がくるまであと15分。「ありがと」「んー?何を?」「ほんとはあたしから言う予定だったんだよ」 「あはは。そうだったの?」 「…なんで、つきあお なんて言ったの?」俺の目をまっすぐ見て、 「みーちゃんの気持ち、本当は気づいてたよね?」そう、言った。 「だって、よんさまの考えてること、見えちゃったから」「え、」「顔にもろに」「うっそ!」 「大丈夫、ツトムは気づかないよ」「そっか」 「ツトムが好きなのに、諦めようって無理してる顔してた」「…いっちゃん鋭すぎ」 「違う、みーちゃんとツトムが鈍感すぎるだけ」「そだね」 「ばかだよなーツトムも。マジギレだったよね」 「…みーちゃんの気持ちに応えようとは思わなかったの?」 「それよりも、優先しちゃった。」「ツトムを?」「よんさまと、ね」 「当の本人、すっごい怒ってたよね。」「まあ、それも良い方向に向かうはずだよ」 「…だと、いいけど。」よんさまは、深い深いため息をついた。 「俺、沙耶って呼ぶようにするわ」「はは、わかった」