×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






あたしはなにも変わらないのに、
みんなはまるであたしが変わったような目で見る




思い出話を楽しみにしてたのに、誰からも連絡がこなかった。 よんさまにメールをいれても、返事はなし。 少しだけ寂しいけど、忙しいのかな?疲れたのかな?…しょうがないか。 風邪は治ったよ、元気だよ、今度どこかに行くときは連れてってね。そう、言わなきゃ。


ものすごく久しぶりの学校のような気がした。 連休は意外と長くって、この間隔が少しだけどぎまぎする。 おはよって交わす友達たちの中に、今日はよんさまの姿が見えなかった。 クラスは違っても毎日会いに来てくれてたのに…、まーいっか。 「あ、みーちゃん」菜奈香ちゃんが窓を指さしながらあたしを呼んだ。 「あれみーちゃんの友達じゃない?」「ほんとだ」 外に向かって「いっちゃん!よんさまー」って叫んだら、二人ともあたしに手を振った。 (…あれ?)「みーちゃんの友達、付き合ってるの?」「…そーなの、かな?」 わざと明るい顔で返事をしてみせた。 (手を繋いで二人で登校かー。)黒いものがぐっと、のしかかる。どうしよう。泣きそう。


「みよ子!」一時間目が終わった時、教室につーくんが来た。 「どしたのー?」駆け寄るあたしの手を思いっきり引っ張って、廊下の端まで走らされた。 「…つーくん?」口を開いて、また閉じて。目を合わせて、逸らして。ああ、そっか。 「いっちゃんとよんさま、付き合ってるの?」「!」「朝、二人で登校してたよね」 「…見たんだ」「うん。つーくんも知ってるんだよね?」「まー、な」 「そっか、やっぱりそうだったんだ」「みよ子、」 「だから、よんさま恋の話とかあたしにしなかったんだー。 あたしがいっつもいっちゃんの事ばっかり言ってるから」 「みよ子」「言ってくれれば、よかったのに」「……」「いつから付き合ってるか、つーくん知ってる?」 「あの、海行った日から」「…そっか、それだもん、あたしだけ知らないよね」 あはは、って笑ったら、つーくんがあたしの事をぎゅってした。 耳元で、無理すんなよって苦しそうに、それだけ言って。無理してるのはつーくんじゃないの? そう、言いたかったけど、涙がとまんなくって、言えなかった。


チャイムが響いた。教室に戻れるような気分じゃないあたしを、つーくんは外へ連れ出してくれた。 靴をはいて、つーくんに手をひかれて、学校から少しだけ遠い公園のブランコに乗った。 風にふかれて、頭がぼーっとする。もう、何もしたくない。 「大丈夫か?」「うん、ありがと」 つーくんのくれたオレンジジュースを、あたしは両手で握って、それだけ。 どう声をかけようかきっと迷っているだろうつーくんに向かってあたしは笑って見せた。 「大丈夫だよ」「無理すんな」「してないよ。ほんとに、大丈夫」「そ、か」 「…言って欲しかったなー」「……」「ごめんね、つーくん。うじうじして」 「ん。大丈夫」「こんな優しくしてくれなくてもいんだよ?」 「んだよそれ、優しくしたっていいだろ。だって俺、」 「ん?」「俺…」「?」「…俺、みよ子が好きだよ」「…え?」 「俺にしといたら、イチの事で泣くこともなくなるべ?」 少し言葉に詰まったあと、「ありがとう」 それだけ言うとつーくんはほんとに、心から笑ってた。