×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





お母さんに「泊まっていかないの?」と聞かれたけれど、私は首をぶんぶんと横に振った。 それは北斗さんも同じで「明日も部活があるから」と言っていた。 午後9時、「じゃあね、」と言って二人一緒に外に出る。 気まずくて嫌だなあーどうしよーと思っていたけれど、嫌だなんて言い出せるわけなくって、 はあと白いため息。今日は寒い、マフラーに顔をうずくめる。 ちらっと横を覗くと北斗さんは空を仰いでいた。 私もつられて空を仰ぐ。

「七星…サン?」
「はい、」
「北斗七星って、どれ?」

ぷっと吹いてしまった。それを知ってて空を見ていたわけじゃないのね、 私は高く高く指で星をなぞって北斗さんを導く。

「あそこにひしゃくみたいなのがありますよね?」
「ひしゃく?」
「なんかおたまみたいなやつ」
「あ、あれ?」
「うん、多分それ。」
「へー、よく知ってるね」
「小学校の理科で習ったはず、です」
「おれサッカーしかやってこなかったんだもん」
「あ、部活ってサッカーなの?どこ高ですか?」
「日立高校」
「タチ高ってサッカーすごい強いとこですよね」
「よく知ってますね」
「わたしの友達の彼氏がそこだって。丸井くんって言うんだけど」
「あー、丸井!…の彼女ってことは七星サン東女子高校?」
「そうです」
「ちょうお嬢様学校じゃん。やばー、だから北斗七星も知ってるんだね」
「それは小学校の時だってば」
「今度勉強教えてくださいー!ガシ女だったけ英語得意?」
「まあ、それなりには。」
「おれ英語が一番苦手、来週からテスト期間にはいるんで教えてください」
「いいですけど…」
「めんどくせーって思ったしょ?」
「ちょっぴり」
「七星サン苦手教科ないの?」
「…たいいく」
「おれ一番体育得意!今何やってるの?」
「バレーだけど」
「よかろう。教えてさしあげよう」

「あ、それから」と北斗さんは付け足した。

「北斗でいいよ。」
「あ、うん。わたしも七星でいいですよ」
「敬語じゃなくていいよ」
「あ、えっとー、わかった。うん。」
「アドレス教えて」
「赤外線でいい?」
「いいよ、じゃあ受信しまーす」
「はーい」
「じゃあ次送信しまーす」
「はーい」

光るケータイの画面。「木下北斗 登録しますか?」の質問にわたしは「はい」のボタンを押した。 きのしたほくと、ふと見上げるとやっぱりそっくりな顔。だけど今まで育ってきた道も、 苗字も学校も違う。変な感じ、この人と同じお腹の中にいただなんて。

「おれさ、今まで父ちゃんと血繋がってないなんて思わなかった」
「うん、だってわたしたち凄くお母さん似だもんね」
「小さい頃、お前んち母ちゃんいないのかよって言われたことはあったけど
 誰も父ちゃんと血繋がってないだろなんて言われなかったな」
「わたしもそう、お父さんと血繋がって無いだなんてまだ信じられない。
 …晃さんってどんな人なんだろうね」

二人でもう一回空を見上げる。今度はもう迷わない、真っ直ぐに天高く。

「母ちゃんさ、すっげー強いよな」
「きっと周りからも 育児放棄 とか色々言われたよね。」
「あ、だよね。母ちゃんも色々言われたよね、きっと」

駅に着くと、ちょうどバスが着くところでわたしは慌てて列に並ぶ。 北斗は「じゃあ」と言ってわたしに手を振った。わたしも軽く手をあげてそれに答える。 寒い寒い土曜日、窓に寄っかかって今日一日の事を思い出す。 そういえば、と思い出してアドレス帳の木下北斗を探す。 開くと住所から誕生日、血液型まで書いてあって可笑しかった。 まめなんですね、北斗さん。